FC2ブログ

興津でグレ釣り2019No.7

 【3月16日(土)】

 地磯専科ではありませんがこれで5週連続です。
 それも何かの一つ覚えのように興津ばかり。
 はまっている理由、釣果があるので楽しみながらしっかり体力(懐の)温存ができてしまうこと。更に運動不足のわたしにとって磯歩きが適当な運動にもなっています。

 そう言いながら今週は沖の島を予定していました。でも、昨日船頭に電話すると天気も悪いし、沖の島のお祭りで飲むんじゃとか、他船を紹介しようかと言ってくれたんですがそこまではすまいと諦めたところです。

 さて、いつものトリゴエのポイントで竿出しです。今日は西風、海は少し濁りが入っています。
 P1140258.jpg
 
 【道具】竿1.7号、リールLB2500、道糸・ハリス2号、針6号、ウキB(水中B)
 【エサ】オキアミボイル・生1.5㎏、アミ2㎏、添加剤1袋
 
 7:40、釣り開始。
 
 2投目に最初のアタリ、小さくても磯際でそれらしい抵抗を見せたのはキープサイズの尾長ちゃんです。
 P1140266.jpg

 こんなところで尾長祭り!
 嘘じゃないけどキープはこれだけでした。

 9:00を過ぎると西からの風が強くなってきました。
 P1140278.jpg

 時折立っていられないような突風が吹き抜けていきます。まだエサが十分に入ったバッカンをも転がす危険な風です。
 そんな中でも木っ端の活性は高く祭りが続きます。朝からボラも元気にエサを拾っているので海の状況は悪くは無さそうです。
 風に吹かれながらも根気強く手返しをしていましたが追加無し。

 11:30、強弱を繰り返す風もちょっと弱まってきたように感じて午後の時合に備えるため早めの昼食。
 この時、何かの物音がして誰か来たのかと思いましたが気のせいかと腹ごしらえ。

 12:10、再開。

 早速のアタリは今日初のボラ、タモ入れをと・・・、
 「ありゃ~、タモがない???」
 しばし、茫然として言葉も出ない時が流れ・・・、やっと思考があの時の物音にたどり着いたのです。

 「むお~う、うう~ん、・・・」(悲しみ)

 思いましたね、風の日に不用心はいけませんと。
 何のための体力温存かと。
 覚悟しました、また叱られると。

 針掛かりしたボラをやさしくリリース、この野郎とボラにあたる。
 視線を海中に移し相棒へのお別れの言葉を探す。

 「むむっ!」
 
 何と、海底に向かう途中の岩の割れ目にトレードマークの赤い塗装を発見。そしてその上で潮に揺られてふわふわしているのはたも網じゃないですか!

 「おお~、そこにいたか」

 急いで救出作戦。
 何もないので針の上にガン玉付けて引っ掛ける作戦。

 「やっだあ!!」(涙)
 P1140283.jpg
 
 今日一の獲物? 神様、ありがとうございます。

 とんだハプニングの後は、快釣!
 P1140285.jpg
 
 満潮前の1時間程度、この時間だけは風も弱く釣りやすかったのです。
 命をつないだ相棒も大活躍でした。

 引きに転じてからの追加に期待しましたがまた風が強まり、残ってくるサシエも冷たくなったので15:40納竿としました。
 P1140291.jpg

 神々しい光、堤防のもとにある神様にもちゃんとお礼を言ってきました。
 P1140292.jpg

 本日の釣果は31~36㎝を5尾でした。
 P1140297.jpg

 今日は何かの戒めかもしれません。安全には十分気を付けて釣行したいものです。

興津でグレ釣り2019No.6

 【3月9日(土)】

 修理に出していたリールが帰ってきました。
 P1140213.jpg

 レバーブレーキを強く引くとハンドルが回らなくなる不具合でしたが残念ながら交換部品の製造中止により修理不可とのこと。
 平成19年から11年間で189回の釣行をこなしてくれました。

 恐らく治らないだろうと修理と並行して後継機種も注文していました。上手くデビューさせてあげたいです。
 P1140216.jpg
 
 さて、今週も興津です。

 6:30に小室漁港に到着すると既に2台の車、どっちかなと磯に向かうとエギンガーさんでした。
 話を聞くと昨夜から泊まり込みだそうで今朝も2ハイの釣果を得ていました。

 7:30、入れ替わりで磯に立ちます。
 P1140227.jpg

 今日の道具は竿1.7号、道糸、ハリスともに2号、針6号、ウキはBを使用。エサはいつもと同じオキアミボイルと生を1.5㎏ずつにアミ2㎏と添加剤1袋です。

 リールはブレーキを強くかけなければ使えているので今日は久々の先発起用、「お疲れさまでした」なんてまだ引退はさせませんよ。
 P1140225.jpg

 1投目から気持ち良いウキ入れ!
 P1140226.jpg

 先週から木っ端グレの活性が高いですが20㎝前後の魚がエサ取り化しています。

 3投目、ウキが見えなくなって合わすとこれは十分な手ごたえでした。
 P1140230.jpg

 木っ端に交じってたまに強引、たぶん相手はサンちゃんだと思うんですが沖で当たった2発はなすすべがなかったのでした。そして無意識のうちに握りしめたレバーブレーキに不具合発生、でも無理やり逆転さすととりあえず治るのです。

 9:17に2尾目を確保すると気持ちに余裕ができます。
 10時頃に今日も地元のエギンガーさんがやってきてごあいさつ。昨日も釣り人がいたそうでここは釣れてなかったもののこの先で釣れていたと情報をもらい今後の釣行のためにも早速行ってみました。

 凪の干潮時限定の釣り座です。
 P1140235.jpg

 ここからさっきまで釣っていたトリゴエの眺めです。
 P1140238.jpg

 先端に立ち釣り開始。
 ここも状況は同じで1投目からビュンビュンとウキが入りますが25㎝に届かないサイズの木っ端グレ、明日の天気が良ければ干物用に取って帰るんですがすべてリリース。そんな中から1尾だけキープサイズ。

 13:00に元の釣り座に帰り昼食と休憩。
 海藻も新芽があちこちにでています。魚にとってもごちそうでしょうか。
 P1140242.jpg P1140245.jpg

 干潮から込みに入る時間を狙い再開。
 14:30頃にチヌ、サンちゃんが相手をしてくれ、最後に釣れたのはヒダリマキ。
 P1140247.jpg

 この後、悪い潮が入ってきたのかサシエが残り始め触ると冷たいこと、16:00納竿としました。
 P1140250.jpg
 
 本日の釣果は29、36㎝×2でした。
 P1140253.jpg

 難しい時期にこのサイズが釣れればうれしいものです。

興津でグレ釣り2019No.5

 【3月2日(土)】

 3月ですね。暖かい日が続き周りの草木も華やかに彩られてきました。
 P1140209.jpg

 海の中も同じで先週の日曜はフノリ採り。30分ほどでスーパーの袋いっぱい、2日干して保存しています。
 P1140187.jpg

 さて、今週も興津小室の地磯です。
 今季4度目、初めての時に磯の名を「マナイタ」と紹介しましたが再度地元の方に聞くと「トリゴエ」と言うらしいです。志和の南磯にもトリゴエという地磯がありましたが共通しているのは海に突き出た巨大な岩の下にあるところ。

 どなたか分かりませんが安全のために新しいロープを付けてくれていました。
 P1140192.jpg

 到着後、一休みして準備に掛かります。
 今日の道具は竿1.7号、道糸2.5号、ハリス1.75号、針6号、ウキはBを使用。エサもいつもと同じオキアミボイル、生を1.5㎏ずつにアミ2㎏と添加剤1袋です。

 今週の土佐湾はずっとうねりが付いているようで今日もうねっています。
 P1140193.jpg

 7:30、釣り開始。
 数投してサシエに変化なし、棚を深くして探ると初めてエサ落ちしたものの次は針までなくなりました。

 干満差の小さい若潮ながら見かけでは良く潮が動いておりますがこの時期にして適度な荒れではなくちょっと海が動き過ぎのような気がします。

 開始から1時間程してやっと初アタリは木っ端グレ。
 ぼつぼつ気配が出てくるも木っ端とサンちゃん、1度だけ正体不明の強引は底物か?

 10:00の干潮を過ぎるとここまでいなかったボラが回ってきてマキエを拾い始め、11:05、木っ端の中からやっとキープサイズです。
 
 ここは何年か前まで定置網を置いていた場所の様でその名残が残っています。魚籠を繋ぐのにちょうど良いです。
 P1140207.jpg
 
 今日はこの周辺4人が竿出し、この時間に後ろの磯際を狙っていた方にもグレ釣果がありましたが厳しい状況のようでした。

 皆さんが竿仕舞いして帰った後の14:00、やっとです。
 P1140203.jpg

 この後わたしも納竿、釣果は27、29、35㎝でした。
 P1140204.jpg

 帰り際、駐車場で一緒になったエギンガーさんと初めて会話。
 「良く会いますね」
 「地元やきね。最近土曜日は毎週おるねえ、わしゃ毎日きゆうけど」(笑)
 「そうですか、良いところですね」
 今日は厳しかったですが良い遊び場を見つけました。

興津でグレ釣り2019No.4

 【2月23日(土)】

 パン、パン!
 P1140131.jpg

 大漁を祈願して磯に向かいます。今日も興津、はまっています。

 途中にある磯はイカやグレ釣りの好ポイントです。まだ行ったことの無いこの先も楽しみです。
 P1140134.jpg
 P1140139.jpg

 30分で到着。
 目に入ってきたのは使い捨てたハリスや割り箸等、自分の出したゴミくらい持ち帰りましょうよ。

 今日は過去2度の釣行に比べて波があります。
 P1140145.jpg

 東からのうねりが残り小室港の渡船も今日は休みの様、志和へ行こうと思っていましたが正解だったみたい。そのうねりは興津崎に阻まれてここでは良いざわつきです。

 7:50、釣り開始。
 今日の道具は竿1.7号、道糸2.5号、ハリス1.75号、針6号、ウキはBを使用、エサはオキアミボイルと生1.5㎏ずつにアミ2㎏と添加剤1袋です。

 最初のウキ入れは3投目でした。
 ちっちゃ~い、木っ端のミニです。
 P1140146.jpg

 続けてサンちゃん連発。
 この時、磯際にはきびなごの群れ、沖には潮吹く魚(小さいくじら?)が泳いでおります。

 適度なざわつきと18.5度の水温(2日前のくろはえ丸情報)は確実に魚の活性を上げているようです。

 8:25、元気良い引きは最初のキープサイズ!

 9:18に2尾目、この魚からは白いものが出ていました。
 P1140151.jpg

 10:00前後の好時合にバラシ連発、これは右前に出たハエ根に触って切られていました。

 11:00にはボラの活性が急上昇。バシャバシャやりながらマキエを取り合うようになると一休みして昼食です。
 P1140154.jpg

 午後になると北風が強くなりウキをチェンジ、今日も大活躍でしたよ。
 P1140158.jpg

 陽が正面に回ってウキが見えなくなるとラインの走りで合わせ、これも面白いように決まりました。どこのだったか忘れましたがミルキーホワイトのラインはとても見やすいのでした。

 エサが尽きた15:40納竿、大願成就となりました。
 P1140163.jpg
 
 こうなると四季を問わず通い詰めることになりそうですね。
 P1140165.jpg 

 本日の釣果は30~34㎝が11尾でした。
 P1140185.jpg

 地磯での2桁は4年振り、めったにない好条件に恵まれました。

興津でグレ釣り2019No.3

 【2月17日(日)】

 前回、良い思いをしたので2匹目のドジョウを狙って小室の地磯へ行ってきました。

 約40分かかった同じルートを今回は30分でクリア、数ある難所の中でもここが一番難しいと思います。
 P1140098.jpg

 岩にへばりついてうまく体を運べれば問題なしです。

 断崖に咲くツバキ、春が近づいてきていますね。
 P1140109.jpg

 最後の難所は山越え、高いところは苦手ですが昔は大堂海岸(大月町)の地のモトバエまで下りて行ってました。今では信じられません。
 P1140106.jpg

 7:30到着。
 P1140114.jpg

 一休みの後、まずはマキエをして道具の準備に入ります。
 先週沖の島の格闘で故障したリールを修理に出しているので今日は娘が使うリールを代用です。
 P1140115.jpg

 竿1.7号、道糸2.5号、ハリス1.75号、針6号、0ウキを先発起用。エサはオキアミボイルと生を1.5㎏ずつにアミ2㎏と添加剤1袋です。

 8:10、釣り開始。
 潮はわずかに沖に出ているか、1投目は空振りに終わりましたが2投目でした。
 ゆっくりですがきれいなウキ入れに合わすことができたのは30㎝級の本命です。
 P1140119.jpg

 更に数投目に2尾目をゲット。
 先のサイズより少し良かっただけでしたが釣り座の下の岩の割れ目に張り付かれてしばらく出てくるのを待ってものにしました。

 調子良くスタートしたので今日も期待できそうと思ったのも束の間、西からの風が吹き出すと狙っていたポイントに仕掛けが入らなくなり、ポイントの作り直し。
 風の影響を避けて東向きに釣りましたがバラシが1回と木っ端グレ。
 干潮前から潮が止まると今度はボラの針掛かり、3尾釣り上げたほかにも数度のアタリは海中で光る魚影からボラだと分かりました。
 P1140120.jpg

 う~ん、何せ潮が動かない今日の海です。

 10:30、風の影響を避けるためウキをBに交換するとアタリが鈍く途中で離すような動きに迷いが出始めます。

 最近のウキ使いは0とBに分けています。細かい号数を揃えるとポケットがかさ張るし、お金もかかります。何よりそこまでの使い分けを要しません。

 が、こんな時困るんですよね。Bから0に戻したものの風波の影響で棚取りがうまくできていないと思う時間もありました。

 その後も苦戦が続きましたが、14:00を過ぎるころからやっと潮が動き出します。木っ端グレが当たり始めると気配も出てきました。

 15:00、磯際にちらちらと見える魚を狙うとハリス切れ、キツかな?
 ラストにドラマ?

 えらい引いたのは良型のサンちゃんでした。
 P1140125.jpg

 エサも尽き、15:20納竿です。
 P1140126.jpg

 本日の釣果は30㎝と32㎝の2尾でした。
 P1140129.jpg

 前回の釣果は出来過ぎ、地磯では上等だと思います。今後も期待のポイントです。
プロフィール

K.T

Author:K.T
高知県在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR