FC2ブログ

赤岡でキス釣り2018No.1

 【11月11日(日)】

 「きたよ~!」
 P1130648.jpg

 水温低下とともに深場へ落ちていくキスですがまだちょい投げで浜から釣れているところ探しです。
 
 P1130643.jpg

 今日は7:00から岸本海岸で釣り開始、5、6投してすぐに場所移動したのは赤岡漁港東の浜、3投目に初アタリで群れ発見。

 小刻みに周囲に投げ分けるもアタリがあるのは1か所のみ、ここと決め粘り合いです。
 居るんですが同じポイントに投入しても続けて当たることはなく間をおいてポツポツときます。目の前に来たエサだけ追うパターンは以前、堤防からの見釣りで観察したことがあります。

 冒頭の3連は8:15の釣果でこれ一回だけ、今日は丁寧に拾う釣りですが同時にフグも多くキスと同じ波打ち際で当たっては針を取っていきます。交換用エダスを15セット程用意していましたがどんどん減り、10:00前に3本針すべてを取られたタイミングで場所移動。

 移動して2か所目に10月によく釣れた吉川海岸へ入りました。
 P1130651.jpg

 先行していたのはボラ釣りの地元の方。
 「キスやったらここでやったらえいわよ」
 「いいですか、では遠慮なく」
 と図々しく、ブッコミ釣りのすぐ横で竿出し。
 幸先よく、一投目から当たりましたがその後は赤岡と同じく間をおいて食ってくる展開でした。
 P1130652.jpg

 12:30まで粘って昼食。
 その後、高知市仁井田に寄って釣況を覗いてみましたがどこで釣れているのかわからず。
 「場所によってやね、運が良ければ釣れるけど今年はキスが少ないき大したことない」
 ならば、釣りなれた高知海岸~宇佐で勝負と思いましたが完敗です。

 本日の釣果は13~19㎝を27尾でした。
 P1130654.jpg

 捌いたキスの身はうっすらと脂をまとっていました。

興津でシマアジ釣り2018No.3

 【11月10日(土)】

 6:16、夜明けの興津小室漁港です。
 P1130627.jpg

 よっしゃあ~、一番乗り! でも荷物を堤防に運び終えるとすぐに後続の釣り人が到着。
 これが3度目のシマアジ狙い、昨季のような爆釣の無い今季ですが最後?においしい思いをと気合入りました。

 7:00釣り開始。

 道具は竿3号遠投用、道糸PE3号、リーダーナイロン3号、ハリス2.5号、ウキライトカゴウキネコスペシャル3B、ナイロンカゴ小、針8号。エサはオキアミMのボイルと生1.5㎏ずつにアミ2㎏、今日は添加剤を加えました。サシエはボイルを使用。

 いつものようにカゴだけ付けてマキエを数投してから、ハリスをセットします。

 しばらくマキエと思っていると今日は早くからアタリが出ました。
 しかし、25㎝に届かない木っ端グレです。う~ん、エサ取りが活発!アタリは出ないもののサシエは取られています。

 満潮過ぎて、潮がゆっくりと右に取り始めるときれいなウキ入れ。
 8:00、とりあえず本命ゲット。やっぱり開始して1時間です。
 P1130630.jpg

 針掛かりはこんな感じ、やばかったです。
 P1130632.jpg

 マキエが効き始めると、ムロアジ、木っ端グレとアタリが続き、その後でした。
 始めは大したことないかと思っているとなかなかの締め込み、沖で弱らせようとあしらっていると魚の動きが止まります。根に入られたよう、しばらく出てくるのを待ちましたが動きなし。
 「これ、やばいなあ」
 嫌な予感は的中、ブレイクはリーダーと道糸の繫ぎ目。リーダー用ナイロン持っていないしFGノットは空でできるほど覚えてもなく、想定外の出来事に早くもカゴ釣り終了。

 エサがまだ2/3以上残っている段階でフカセに変更です。
 しかし、今日は天気が良すぎたか、波も穏やかで潮も停滞、シマアジの追加はなく木っ端グレも25㎝までに終始。
 P1130633.jpg

 真ん丸していて旨そうですがグレは先週のがまだ冷蔵庫に残っているのでリリース。

 P1130634.jpg

 11:00過ぎに仕舞いして、向かったのは浜。いつかしてみたかった浜からのウキ釣り。
 P1130639.jpg

 しかも、一投目からヒット!
 P1130640.jpg

 魚は大暴れするしでちょっとびっくりしましたが期待のキスはいなかったのでしょうか。

 本日の釣果です、シマアジは27㎝でした。
 P1130642.jpg

 不本意な終わり方に消化不良か、明日はどうしよう。

志和でグレ釣り2018No.1

 【11月3日(土)】

 カブリ、コグロ裏、ワレ、エボシ、シモヒラ。
 道中考えた希望磯の順です。

 5:00前に志和へ到着すると6番目、あれ、意外とお客さん少ないな。(この時点で)
 点呼時、すんなりと一番希望のカブリを告げ出船です。
 P1130593.jpg

 今週に入って朝晩冷え込むようになってきました。
 するとスーパーの鮮魚コーナーに並んだグレの刺身がうまそうに見えてきます。
 くろはえまるの情報をみるとグレが釣れだした様子、もう一回シマアジやってからと思っていましたが今季初のグレ狙いに変更です。

 6:45渡礁。
 べたではない波気は好条件。
 P1130595.jpg

 今日の道具は、竿1.7号、道糸2号、ハリス2.5号、針8号、Bウキにジンタン2G+6G。エサはオキアミMサイズのボイル3㎏と生1.5㎏、アミ2㎏に添加剤1袋です。
 竿は昨季から主戦として頑張る11年目のCRESSA大島、クーラー(投げ用12ℓ)は19年目の大ベテランですが一年中大活躍、今季も現有戦力でスタートです。

 7:10、釣り開始。
 マキエを入れると磯際から湧き出てくる木っ端グレの大群、どこへ投げても動き回り投入ごとにブシュブシュウキ入れ、この中から25㎝級の尾長ちゃんを塩焼き用にキープ、あわよくば40㎝級の尾長が見られたらというのがカブリ渡礁の理由です。
 P1130600.jpg

 しかし、サイズは盛り上がることなく、それどころか、うわさのムロアジ天国に。
 木っ端、ムロ、木っ端、ムロ・・・、延々と続く木っ端ムロスパイラル。これが翌日の疲労度アップに大貢献でした。

 1尾だけ30㎝級の口太が釣れましたが弁当船で磯替わり、運よく空いていたエボシに渡礁です。
 P1130606.jpg

 弁当を食べながら海中を観察。
 エサ取りはいますが磯際からあまり離れないのでカブリよりやりやすさはありました。
 潮はわずかに下り潮がワレ向きにとっています。
 
 ハリス2号、針7号に落とし、始めは昨年初めて渡礁した時と同じ足元のシモリ狙いでサンノジの連発。その時と同じ潮に違うポイントを狙ってみます。
 
 12:00、正面沖に見えるシモリの左にポイントを作る動作を繰り返していると初アタリ、すっぽ抜けましたが再度仕掛けを入れるときれいに入りました。
 やったよ、久しぶりのシャープな引きを楽しみながらタモ入れ完了。
 連荘の次にヘダイを釣ると潮が変わり、今度は逆に流れる上り潮、潮の向きが良く中崎方向へと出ています。
 
 13:30、マキエが効き始めるとアタリが出始めました。良型のイサギも混ざり楽しい時間です。これがここの本命潮なのでしょうか。
 14:55、迎えの船が通り過ぎた後、今日一の良型で納竿です。
 P1130611.jpg

 本日の釣果は、25~39㎝のグレ13尾とイサギ、ヘダイ等。グレは食べ頃サイズが揃いました。
 P1130617.jpg

 翌日は体に激しい疲労を感じながらもタタキ、干物づくりに精を出しました。
 P1130626.jpg P1130621.jpg

 今夜は初物です!美味しいお酒で満喫します。

興津でシマアジ釣り2018_No.2

 【10月27日(土)】
 
 今季3度目のシマアジ狙いです。

 興津小室漁港、前回から20日が経過しました。
 P1130563.jpg

 雨は上がり青空ですが海は濁りが入りうねっております。
 P1130564.jpg
 
 先週まで好調だったキスはこのうねりのためか、宇佐一文字浜もアタリが止まった様子、落ちギスはまだあると信じていますが今日は一休みして秋磯の楽しみです。

 前回と同じ釣り座に入って構えようとして目に入ったのは、たばこの吸い殻、使い捨てたハリス、こぼしたエサ・・・、うんざりですね。(全部あなたの車に放り込んでやりたい!)

 気を取り直して釣りの準備。
 今日の道具、エサは前回と全く同じ、竿は遠投3号竿を使っています。
 
 7:30釣り開始、たいがい始めの1時間はエサ撒きです。
 1時間を経過した8:39、ウキに不自然な動きがあったので合わすとムロアジでした。

 その10分後、今日初のきれいなウキ入れ。
 「ちょっとちっさいけど、本命じゃ!」
 P1130568.jpg

 今季初のシマアジににんまり。 
 アタリが出始めるとぽつぽつと続き、魚種も豊富。
 今日一の重量感のある引きは40㎝級のヘダイ。
 P1130571.jpg

 そのほか、木っ端グレ、サンバソウ、コトヒキと楽しませてくれました。
 P1130567.jpg P1130566.jpg
 P1130573.jpg P1130577.jpg

 しかし、10:00頃から強弱を繰り返していた風が西に回ると一段と強く吹くようになり、仕掛けがこれまで作ってきたポイントに入らないし、風に流されるしで釣りにならず・・・。
 それでも粘って止み間に拾い、エサが無くなった13:00に納竿としました。

 本日の釣果です。
 P1130580.jpg

 シマアジのサイズは23~28㎝でした。ヘダイは3尾釣れましたが後はリリース。
 風が無かったらもうちょっとやれたのではと思いますが顔が見られて良かったです。

 刺身4点盛り、左上からキス、ムロアジ、ヘダイ、シマアジです。
 P1130583.jpg

 キス:非常に美味、ムロアジ:非常に美味、ヘダイ:非常に美味、シマアジ:究極の美味とありました。(ぼうずコンニャクの魚貝類図鑑より)
 シマアジは小型なので究極とまではいきませんが十分美味しいです。
 因みに、わたしの大好きなヒダリマキは、タカノハダイ:美味とありました。???、修飾語がないのは納得いかん。

春野でキス釣り2018_No.3

 【10月21日(日)】

 9:00、仁淀川河口の東岸にある沖に突き出たテトラの横です。
 P1130544.jpg

 「兄さん、さっきから釣れゆうがは何でよ?」
 「キスですよ!」
 P1130546.jpg

 「そうかよ、わしゃずっとこの辺でやりゆうけんどひとっつも釣れんが」
 「僕も2時間ぐらいあちこちしてやっと見つけました」
 「落ちギスやねえ」
 「そうかもしれませんね、この前だけしか当たりません」

 30m程にまで寄ってきた年配の方でしたが話の後片付けて東へと去っていきました。

 すると今度はなおとさんからメール。
 「今日は吉川で投げています。20尾キープ、好調ですよ」
 「了解、こちらも今見つけたところ。これから釣りますよ~!」

 先週に続き、好天に恵まれた日曜。朝の気温は9度と今季一番冷え込みました。
 7:00から仁ノ海岸旧豚太郎前から始め、新居を経てここへ入りました。
 テトラの際へ投げ込んで小さいのが1尾当たりましたがその後フグの連続、危うく見逃すところでしたが角度を変えて投入してやると激震で答えてくれました。

 アタリが出るのはテトラから10m以内の波打ち際です。
 ちょっと沖へ入れて寄せてくるんですが必ず途中で引っ掛かります。
 仕掛けが切れることはなかったので海の中もこんな感じなんだと思います。
 P1130547.jpg

 石に引っ掛かる度にグッとしゃくり上げ、外れて仕掛けが浮き上がった時に当たることがよくありました。

 針先の鈍りも感じながらでしたが順調に追加。

 その間もまた別の方が隣に入りましたがやっぱり当たらず。少ししか違わないのに明暗がはっきりするのが落ちギスシーズンの釣れ方でしょうか。

 11:30、潮が込み始めるとこんなゲストも。
 P1130550.jpg

 しかし、この後アタリが止まりました。わずかに追加があったものの13:00納竿としました。

 仁淀川河口大橋です。今日はほんとに気持ちの良い天気でした。
 P1130551.jpg

 本日の釣果は13~20㎝が58尾でした。
 P1130554.jpg
 
 一方、吉川のなおとさんは昼前に納竿も70UPの爆釣。(今、東もすごいみたいです)
 夏の不振を取り戻すかのようなこの秋のキス、もうしばらく楽しめそうですね。
プロフィール

K.T

Author:K.T
高知県在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR