FC2ブログ

興津でグレ釣り2019No.1

 【1月19日(土)】

 シマアジ一人で100尾以上!
 木曜日の高知新聞に掲載された佐賀沖堤防の釣果情報です。
 サビキ釣りのようですがすごい釣果、行ったことがないので情報収集していましたが良い情報が得られず、諦めて興津の小室漁港に行くことにしました。
 P1130921.jpg

 7:00、到着。
 2件ある渡船業者の前にはそれぞれ数台の車が止まっていますが堤防は貸し切りです。
 P1130923.jpg

 夏場は賑わいを見せる小室の浜もこの時期は静かな佇まい、波一つない浜辺にはルアーマンが二人竿出ししていました。
 P1130927.jpg

 ひょっとしてここにもシマアジの回遊があるかもと淡い期待を抱いてのカゴ仕掛けです。
 3号遠投竿、道糸PE2号、リーダー3.5号、ハリス2.5号、針7号、ライトカゴウキ5B、中目のリングカゴ使用。エサはオキアミのボイルと生を1.5㎏ずつとアミ2㎏です。

 カゴいっぱいにマキエを詰め4投、その後ハリスを結んで7:50釣り開始です。
 しばらくはエサ撒きと思っていましたが今日はタイミングよく魚が居合わせてくれたようで1投目からウキに変化、小さな前あたりの後一気にウキが消し込まれました。

 大きく合わせて相手を確認。大きくはないもののシャープな走り、寄せてきた後は一気に浮かせそのままごぼう抜き!
 「ラッキー!」
 ビックリの一投目釣果、この魚は美味そうです。
 P1130928.jpg

 2投目はお祭り、3投目素針。群れでいるならすぐ来るはずの思い通り次の4投目に鮮やかなウキ入れ、今度は先の魚より大きくグイグイと竿を絞り込んできます。根に入られてはならぬと強気の対応で引き寄せ浮かせると良型グレ浮上。ここまでは良かったのですがまたしても最後の詰めで痛恨のバラシ・・・、
 P1130926.jpg
 タモ入れするには最後にこの足元のテトラの切れ目に誘導してこないといけないのですが完全に浮かしきれずに入れ込もうとしたので左のテトラに触ってハリスが切れてしまいました。
 う~ん、わたしの技量ではここで良型を取り込むことは難しいと判断しその後すぐにテトラに移動します。

 しかし、この後ウキが入ることはありませんでした。

 午後、南西風が強まり始めると釣りにならず、ぼけてたら道糸がテトラに絡まり高切れ。チコちゃんに叱られる・・・。
 14:00納竿としました。
 P1130935.jpg

 本日の釣果は31㎝が1尾、小室では30㎝を超えたことがなかったので過去最大寸です。
 P1130940.jpg

 スミ1の釣りでしたがべた凪で海底まで透けて見える状態では顔が見えただけでも良かったのかもしれません。バラシ病を治さねば。

沖の島(一ツバエ周り)でグレ釣り2019No.1

 【1月12日(土)】

 「明日行きますのでよろしくお願いします!」
 恒例の泊釣行の予約で電話をし、その前に一度行くねと言った翌日、早速の釣行です。

 宿毛市、土佐清水市、大月町の観光協会が企画したスタンプラリーが開催中です。
 P1130896.jpg

 ここ沖の島も最近はお客さんが減ってどの船も厳しい営業のようです。
 「うちはずっとそうやき、おまんらやっとおらの気持ちが分かったか」
 「次も貸し切りでお願いしますとお客さんは喜んでくれるぞ」
 若い船頭衆とそう言って酒を飲みゆうと久しぶりの金ちゃん節に朝から大爆笑。微力ではありますが今季もよろしくお願いします。

 7:00、泊り客を一ツバエに下した後、釣友と二人でヒラバエに渡礁。今回が初めての渡礁です。
 P1130903.jpg

 天気は雨ですが海は穏やかです。まだ薄暗い中、ぼちぼちと準備を始めます。
 
 7:30、釣り開始。
 今日の道具は竿2号、道糸2.75号、ハリス2.5号、針7号、ウキBです。エサはオキアミボイル4.5㎏にアミ4㎏を用意しました。

 水温19.4度の潮はハエ根に沿って左から右へときれいに流れています。
 一投目、一ツバエ向きに仕掛けを投入、潮に乗せそのまま送り込んでいくと早速手元に感じるアタリ。
 「きたよ~」
 「早っ」
 潮流の中で元気に走る引きに本命を確信し手前まで寄せてくると足元で突っ込みを見せます。
 「ありゃ」
 次の瞬間に竿先が跳ね上がりました。初めての磯で暗くて良く見えなかったですがハエ根が出ているようでそれに当たって針外れ。連発で当たりましたが今度は途中で針外れです。

 最悪の立ち上がりは回避と3投目を強引にやり取りし、抜き上げたのは35㎝級の本命です。
 P1130907.jpg

 釣友にも同型がヒット。
 「サイズの割には良く引くわ!」

 爆釣を予感させた立ち上がりでしたが潮の流れが続かず、その後は散発。
 
 潮は徐々に向きを変え一ツバエ方向にぼんやりとした流れに変わります。
 雨は強く降ることはないものの天気予報通り午前中降り続き、その後は北寄りの風が吹き付けました。朝は凪いでいた海も前線の通過で波が出始めると時々うねりも入るようになり、潮位の上昇も重なって、海になだれ込んでいる一ツバエ向きの釣り座では一段高いところから竿出しせざるを得なくなりました。
 P1130914.jpg

 そんな状況で魚は掛けるものの、ハエ根に触ったり潜られたりの針外れやハリス切れ、タモ入れができないので無理やり引き抜こうとしての途中落下が多発、なかなかクーラーまで持ち込めないという展開でした。

 P1130910.jpg

 10:00の満潮時間に早めの弁当を済まし、再開すると連発。今日一の活性を感じたこの時間に釣り座を船着きに移動しハエ根の落ち込みを狙います。
 P1130913.jpg

 ドキューン!、ドキューン!!
 一発目は信号機軍団かと思いましたが、2発目を奇跡的に針掛かりさせしつこい突っ込みを耐えて浮かすと良型の尾長ちゃん。
 「よっし、やったかも!」
 「おお~う、・・・」
 スルスルと伸びるタモが海面まで到着するよりわずかに早く2.5号のハリスが力尽きてしまいました。

 ニヤリ、身をひねり結び目をかみ切った奴と目が合ったような瞬間と空しく海面に突き刺さったタモ・・・、久々の良型尾長に焦ってしまい、最後の詰めを誤ってしまいました。
 これに終わらずその後も2度きましたが・・・、ああ、へたくそめ。
 P1130912.jpg

 本日の釣果は7尾、サイズは30~35㎝でした。
 P1130917.jpg

 釣友も同数でしたが二人ともバラシが釣果数と同じくらい。わたしに関しては船着きでのバラシを含めるとバラシの方が多いという散々な内容でした。
 とは言え、美味そうな釣果は得られましたので今日はこれからタタキ作りです。

志和でグレ釣り2019No.1

 【1月5日(土)】
 
 新年ですから景気良く!
 P1130846.jpg

 数年ぶりに伊勢海老(志和産)を入手、刺身、みそ汁等で贅沢しました。

 初釣りも景気良く行きたいものと志和へ行ってきました。
 P1130876.jpg

 渡礁したのはエボシ。他に候補は同じく地寄りのトナリとミツバエを考えていましたがトナリは前日好釣果、ミツバエは情報の無さ、無ければ出してやろうと思わんこともなかったですが秋の良い印象が勝りました。

 空はちょっと暗い位の曇りですが寒くなく、海は無風、べた凪と人間には好都合です。
 
 7:30、釣り開始。

 道具は竿1.7号、道糸、ハリス2号、針7号、ウキ0。エサはオキアミボイルと生1.5㎏ずつにアミ2㎏と添加剤1袋です。

 潮は予想通りくろはえ方向にゆっくりですが明確に流れています。上りの引かれ潮でしょうか。磯際にはエサ取りの姿が確認でき、1投目からエサが取られます。
 朝一に引き始めのチャンスタイム、3投目の最初のウキ入れにしっかり合わせられました。足元のハエ根にハリスが触れヒヤッとしましたが無事タモ入れ終了。スリムな良型です。
 P1130878.jpg
 
 そして取り出したのはこれ、諸説ありますがせっかくの獲物は美味しくいただきたいと。
 P1130879.jpg

 さっさと二の矢を射ればよいものをこんなことしてロスタイム、お仲間は居なくなっていました。

 でも、エサ取りは居ましたね。
 P1130880.jpg

 他にフグ、オヤビッチャ、木っ端グレなど。木っ端グレが多く潮に乗せて流していくと一定のところでウキ入れが続きました。そのうちキープサイズが出るだろうと高を括っていましたがやっと来たのが9:30でした。
 
 P1130883.jpg

 弁当船までに2尾、さあこれからと込み潮に転じる午後が勝負時間と期待していましたが残念なことに潮が止まります。加えてボラの大群が居付いてしまいマキエに群がること。このボラ、丸のオキアミは拾わず砕いたものや添加剤を口にしている様子、サシエはグレの棚に届いているようですが・・・。

 13:00、久々のアタリはゴンゴンたたきよります。
 P1130885.jpg

 そうそう、何か足りないと思っていましたが今日は珍しくサンちゃんを見なかったな。

 14:00を過ぎると潮は逆向けにゆっくりと流れ始めましたが時遅し、でも、新調したクーラーに無事お魚ゲットできました。
 P1130881.jpg P1130886.jpg
 
 本日の釣果は、28、32、42㎝+木っ端グレでした。
 P1130891.jpg

 皆さん釣っているものと思っていましたがこの日はなかなか厳しかったよう、交通事故的な釣果でも拾えて良かったのでした。

2018キス釣果

 【1月3日(木)】

 昨年のキス成績です。

 4月に入ってから釣行開始、深場、遠投で釣れ始めたキスは5月下旬頃からちょい投げの射程内で釣れるようになりました。接岸が早い年だとGW頃からちょい投げで釣れ出すこともありますが安定するのは6月からですかね。それからは落ちギスまでちょい投げエリアでの釣りです。12月は深追いしすぎて数字を落としてしまいました。
 
 9ヶ月間で合計54回の釣行は月当たり6回となります。
 30尾以上の釣果数を月別にみると6月が3回、7月2回、8月1回、9、10、11月が各3回ありました。夏場の週末の悪天候と秋の落ちギスが好調だったことが伺えるかと思います。不振の夏場でしたが7/27の安和92尾、8/4の春野61尾の釣果は爆釣時期だと裏付けています。でも夏の悪天候が秋の好調につながったのかもしれません。

 あちこち行くのも楽しみと県内を東へ西へとキスを追いかけました。行った先で新たな発見や出会いもあり、今度行く時をまた楽しみにしています。

2018キス釣果
釣行
回数
実釣
時間
1釣行
時間
釣果
(尾)
20cm
以上
最大
(cm)
最多
釣果
1釣行
釣果
尾/時間最多釣果の場所
④=②/③⑨=⑤/②⑩=⑤/③
441642122075.31.3須崎
55326.4564202211.21.8宇佐
6631.55.31487234524.74.7名鹿
78425.320862392264.9安和
8516.53.3731206114.64.4春野
9724.53.518711237426.77.6佐喜浜
107273.9224122384328.2吉川
118354.425510227831.97.3春野
12417.54.42101965.31.2春野
合計542424.5119353239222.14.9 

 
2018キス釣果 場所別
場所釣行
回数
実釣
時間
1釣行
時間
釣果
(尾)
うち20cm以上最長寸(cm)最多
釣果
1釣行
釣果
尾/時間
④=②/③⑨=⑤/②⑩=⑤/③
興津1036.53.71798224117.94.9
宇佐14332.4148822.56810.64.5
春野1349.53.832314227824.86.5
香南市630.55.11699238428.25.5
安和6132.29601882167.4
西部3175.77522145254.4
佐喜浜13357323575719
須崎14493.51321123329.42.7

キス累年釣果
釣行
回数
実釣
時間
1釣行
時間
釣果
(尾)
20cm
以上
最大
(cm)
最多
釣果
1釣行
釣果
尾/時間
④=②/③⑨=⑤/②⑩=⑤/③
2612816.854310239545.36.7
27382045.412695024.517733.46.2
28622964.81540652617724.85.2
2946176.53.899940239021.75.7
30542424.5119353239222.14.9

P1120849.jpg P1120953.jpg P1130072.jpg
P1130326.jpg P1130552.jpg P1130755.jpg

2019年 明けましておめでとうございます。

 P1130826.jpg
 
(仁淀川河口東岸からの日の出)
プロフィール

K.T

Author:K.T
高知県在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR