FC2ブログ

興津でグレ釣り2020No.3

 【3月21日(土)】

 すっかり春めいてきた陽気の中で迎えた3連休、新型コロナを気にしながら過ごす日々にちょっと疲れてきたというのが正直なところです。

 長く続いた雨周期も外れ、初日に墓参りを済ませ今日は釣りの日と向かったのは興津です。
 先週下見をした地磯にしようかとも思ったのですが難しい時期に手堅く干物・煮付け用キープといつもの小室の地磯へ行ってきました。
 P1150720.jpg
 
 底が破れたのでバッカン新調!
 P1150722.jpg

 6:40、釣り開始。
 【道具】竿1.7号、リール2500LB、道糸2号、ハリス2号、針7号、ウキ0
 【エサ】オキアミボイルM1.5㎏、生M1.5㎏、アミ2㎏、添加剤1袋

 べた凪よりも今日は潮色が悪い・・・。
 緑がかった潮は動きもなく厳しさを予感させるスタートです。

 7:40、少し前から潮が動き始めるとやっとアタリが出ました。

 28㎝の小長です。
 P1150725.jpg

 この時間にわかに活性が上がったのか、下あごに貫通。
 P1150728.jpg

 8:25、お決まりの外道、ヘダイ登場。
 P1150729.jpg

 前回はこのヘダイが釣れた後、ぱったりとアタリが止まったのですが悪いことにその再現となり厳しさはそれ以上でした。

 長い時間を耐えておりましたが潮が悪いんでしょうか、どうやっても落ちないサシエに居るけど食わないんだと悟り11:30納竿としました。
 P1150735.jpg

 予定より早く磯上がりしたので今日も来シーズンを見据えて地磯探し。
 P1150736.jpg

 山道を登って降りてを繰り返すと海が見えてきました。
 遠くに見えたのは大ギスが居ると聞いた浜、さて本当に居るのか?
 P1150745.jpg

 磯へ降りて行くと目の前に開けた景色は初めて見る海岸線、冠岬へと続く眺めは素晴らしい。
 P1150739.jpg

 更に違う道を行くとヤマツツジ。
 P1150740.jpg

 何か違和感は花の時期、ここのはもう盛期を過ぎている感じです。

 こちらは目の前にオシアガリ、タテバエが望めます。
 P1150742.jpg

 良さそうな地磯ですが・・・・・、遠い・・・・。
 山歩きとセットでと考えると体を使ったという充実感はありそうです。

地磯探し

 【3月14日(土)】

 2月14日から続く5週連続の週末雨。今日も雨が残り回復しても強風波浪注意では西への遠征も行く気にならず。
 母の用事に四万十町へ行くついでに地磯探し、短竿とキビナゴ持参です。

 向かったのは興津。地元の方に聞いていたポイントを目指し山に入ります。

 登り口も分からずにここからかと思い入ったものの途中から獣道。参ったなあと思うより山をたつくりまわっていた子供の頃を思い出しドンドン上っていきます。昔は段々畑だったと思われる場所には栗のイガを覆うように落ち葉が積もっていました。
 
 子供の頃には山にも人が入り小さな畑や果樹園がきちんと管理されていてそこへと続く山道もきれいに整備されていたんですよね。こっそりともいで食べた柿やみかんの味は格別でした(ごめんなさい)。今は子供らに代わって猿や猪がご馳走になっているようです。アケビや椎の実のあったあの場所は今どうなっているんだろうなんてことを想いながら尾根を進んでいくと見つけました。

 今も行く人がおると聞いていたとおり、人が通っていると分かる山道がありました。
 P1150715.jpg
 
 尾根から磯へ降りる道に張り巡らされているロープに沿って降りて行くと一気に視界が開けました。

 遠くに見えるのはオシアガリ、手前の独立磯はヒラバエのようです。
 P1150712.jpg

 しかし、ここからがなかなか難所、断崖をロープを頼りに降りて行く行程にちょっとビビりました。
 P1150709.jpg

 東にはオシアガリ、西にはマドカが見えます。
 P1150707.jpg
 P1150706.jpg

 目の前にはポイントとしてなかなか良さそうな大きなシモリがあります。
 P1150708.jpg

 持ってきた短竿を用意しキビナゴを付けてガシラを狙ってみますがウネリが入って条件が悪く、磯回りは大きなサラシが出来ていました。

 アタリが出ないので仕掛けを上げようとしたところでした。
 磯際から大きな魚が飛び出してきたかと思うと

 ギューン!
 うっわ、なんじゃあ!

 軟竿を根元からひん曲げてジジジーとうなりを上げるドラグ音の後、

 バッシャーン!

 ・・・・・、

 ジャンプした魚は針を外していなくなりました。

 釣ったことはないけど間違いなくヒラスズキ!

 あわよくばと再度キビナゴを付けて遠投を試みてみましたがその後は何も起こらず。

 ガシラは釣れました。
 P1150710.jpg

 1時間もせず納竿、想定外の出来事もありましたが今日の目的は地磯探しです。

 帰りは山道を迷わず降りて30分くらいでしたが荷物を担いでとなるとなかなか難度が高い場所です。

 今日は魚がないので須崎の松田食品で刺身を調達。
 島根産ホンマグロ、久礼産初カツオ、そして須崎産アオリイカ。
 P1150716.jpg

 安い上にこの手作業がお気に入りです。
 P1150718.jpg

興津でグレ釣り2020No.2

 【3月7日(土)】

 暖かい空気の中で黄色い菜の花が目に付き視覚的にも春を感じられるようになりました。
 P1150695.jpg

 一雨ごとに近づく春ですが困ったことに週末に降るサイクルが続き面白くありません。今週もかと思っていましたが何とか土曜の午前中は持ちそうと興津に行ってきました。

 うれしさの余り、いつもより早く着きましたがまだ真っ暗。でも、既に車は2台止まっています。一台は常連のイカ釣り師さんで昨日から泊まり込みでやっているそうです。もう一台の釣り人はわたしの目的磯に行く途中の磯にいました。こちらもイカ狙いです。
 P1150671.jpg

 6:40、釣り開始。
 P1150673.jpg

 【道具】竿1.7号、リール2500LB、道糸2号、ハリス1.75号、針6.5号、ウキ0
 【エサ】オキアミボイルM1.5㎏、生M1.5㎏、アミ2㎏、添加剤1袋
 
 前回と違い今日は1投目からウキに変化が出ました。
 少しタナを浅くしてやると乗ってきました。
 25㎝級です。
 P1150675.jpg
 
 その後もこのサイズが続きます。

 7:30、今日一の強い引きはヘダイでした。
 P1150677.jpg

 しかし、ここからピタッとアタリが止まり我慢の時間です。

 さて、先週日曜日は高校生の娘の卒業式でした。新型コロナのため式は簡素化され参加者も卒業生とその父兄だけで行われました。兄の時と比べると吹奏楽部の生演奏やスライドショーもなくちょっと寂しいところもあったでしょうが笑顔での卒業でした。
 一斉休校で部活動の全国大会も高校野球を除いてすべて中止です。大好きな高校野球ですが高校野球だけ特別は無いと思いますがどうなることでしょう。

 アタリが戻ったのは1時間後、緩い当て潮にポイントを大きく東向きに変えてからでした。もっと早く気付けば良かったのかもしれません。
 P1150678.jpg

 干潮前後には一旦竿を置きカメノテ採り。ちょうど顔馴染のイカ釣りさんが来て久しぶりに情報交換。今のところ、今季はイカも不調のようです。

 12:30、午後からの雨予報にいつもより早めの納竿です。

 サイズアップはならず27㎝まででした。
 P1150683.jpg

 天気が回復した今日は良い風に吹かれています。
 P1150705.jpg

 考え方を変えると地磯でこのサイズが数釣れるならやっぱり良い釣り場なのかもしれません。娘は県外の大学へ行くことになったので新たな地磯の開拓にも頑張ってみるつもりです。

興津でグレ釣り2020No.1

 【2月22日(日)】

 土曜は午後から天気が急速に回復。春野でプロ野球プレシーズンマッチがあったので見に行ってきました。
 P1150647.jpg

 練習試合ですが西武は森、山川、外崎、ロッテでは藤原、美馬らバリバリの一軍選手が試合に出ており無料で良いプレーを見ることが出来ました。ロッテの応援も楽しそう、令和の怪物も見たかったですね。
 P1150643.jpg

 最近はテレビでもプロ野球を見ることが少なくなったのですが子供の頃から西武ファンでわざわざ所沢まで試合を見に行ったこともあります。因みにその時一番印象に残っているのは対戦相手だったオリックスのイチローでした。
 ところで春野球場の電光掲示板が新しくなったようです。新鮮で良かったですよ。

 さて、釣りの方は久々に興津小室の地磯へ行ってみました。
 P1150649.jpg

 昨年10月には数・型とも好釣果連発で今季もと期待していたのですがその後不調続き、2カ月空けて様子を見に行ってきました。

 8:20、釣り開始。

 【道具】竿1.7号、リール2500LB、道糸2号、ハリス2号、針6.5号、ウキ0
 【エサ】オキアミボイルM1.5㎏、生M1.5㎏、アミ2㎏、添加剤1袋

 昨日の雨の影響か、緑がかった潮は触っても暖かさが感じられません。厳しい予想のおまけは当て潮でした。動かないよりはマシと前向きに捉えます。

 1時間を経過して初めてのアタリはやり取りの途中で針外れ、続けて同じように針外れ。引きの強さから魚は小さくないようですが何だかわかりません。

 ウキ下を深くしてやっと釣れたのが9:40の木端グレ。
 更に1時間後の10:45、ウキを沈めて探っていると木端尾長。
 P1150660.jpg

 白い!

 悪い中でもここから12:00までが時合いでした。
 P1150661.jpg P1150663.jpg


 釣果は25㎝迄、現在干物になっています。
 P1150668.jpg

 地磯のグレも居場所探しでしょうか、こっちはキスより難しそうです。

沖の島でグレ釣り2020No.4

 【2月10日(月)】

 あいたたた・・・。

 目覚めると5:00、爆睡も2桁を数えたサンちゃんとの激闘に起き上がりはあちこちが痛い。でも夕べの酒は適量だったようで朝食も快調にお代わりし準備万端。

 外に出ると風は非常に強く北西18m前後。
 磯割はムロ回り。本命としていた大ナダレは別グループに人数負け、ムロは無理と諦めてノコ回りの割り込みです。

 渡礁したのはクワンバエの低場です。
 P1150579.jpg

 7:30、釣り開始。釣友は高場側、わたしは東向きに竿出しです。

 【道具】竿1.7号、リール2500LB、道糸2号、ハリス2号、針7号、ウキ0
 【エサ】オキアミボイルM4.5㎏、アミ2㎏

 昨日より高い18.9度の潮はフラフラと定まらない動き、この潮にふさわしいトロピカルな魚でスタートです。
 P1150580.jpg

 8:15、やや沖目にポイントを作っていると気持ちよくウキが入りました。
 スマートなイサギです。
 P1150583.jpg

 連発することはなく、間を置いてポッツリ、ポッツリと釣れてきました。サメが居ないことに安堵です。

 対して釣友は磯際狙い、9:00頃だったか本命をゲットし坊主脱出です。

 一昔前は良型尾長の好ポイントで憧れのロクマルも狙える人気磯でした。最近はそんな話も聞かなくなって久しいですが二人して数度のチモト切れの正体はもしや???

 それにしてもこの日は朝から爆風が吹き荒れました。
 風が舞いどの方向からくるか分からない突風に座り込んでしまい一時は釣りにならず。
 P1150585.jpg
 
 しかし、昼前頃から風が収まりを見せ始めました。
 

 12:00、マキエはせず近寄ってきた潮目にダイレクトで仕掛けを入れるとイサギが来ました。

 潮はゆっくりですが上り始めたよう。
 穏やかさが戻った海面、その潮下に湧きグレを発見です。

 12:15、ウキ下を浅くして30m程の遠投、潮に乗せて湧きグレの中に仕掛けを送り込むと朱色が消えました。
 P1150587.jpg

 そして連発、釣りの神様ありがとう!

 本命をゲットするともう十分と後の時間はカメノテ採りに使いました。
 P1150588.jpg
 
 妻からの絶対回収命令が出ていたところですが今回はウキのロス無し、やればできる子です。そればかりか隣の高場の釣り人が流したウキを拾ってあげるという善い行い(これが良かったか)。対して釣友はウキ取りパラソルの大遠投も空しく3個ロス。悔やんでいましたね~、その姿を大笑いするわたし、相当性格悪いのでした(釣友よりグレが細かったのはこれか)。

 本日の釣果です。
 P1150591.jpg

 釣友も湧きグレを追加し4尾のグレ釣果でした。コンディションの悪いなか、湧きグレに救われました。
プロフィール

K.T

Author:K.T
高知県在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR